jin1-2

1:名も無き被検体774号+:2013/11/12(火) 00:40:50.32 ID:8imnJXoiP
書き貯めてないのでgdgdになる可能性があるんだけど
書いてもよろしいか


17:名も無き被検体774号+:2013/11/12(火) 00:59:41.10 ID:8imnJXoiP
家庭は証券マンの父、ピアニストの母、
そして私(女)の3人家族でした

私の最初の明確な記憶は3才頃です
とても怖がりで、暗闇もだめ、人と接するときは母親の長い足にしがみついていました
父は仕事が忙しく、このころ構ってもらったことはありません
父が大好きな潮干狩りに行って、父がどんどん取ってくるのを見たりするくらい
夕食には私の大嫌いなあさりが並ぶのが苦痛でした

自転車の乗り方を教えてくれましたが、いじわるをして
走っている最中に後ろからずい、と引っ張って私が前に転げそうになることも多く
父との自転車乗り教習は恐怖でした

母はピアニストの傍ら近所の子どもたちにピアノを教えていました。
1人で寂しかったですが、なにより父に外された自室の扉の間から
散らかっている部屋を近所の子どもたちに見られるのがとても嫌でした


19:名も無き被検体774号+:2013/11/12(火) 01:02:15.27 ID:+UwmtlAD0
金持ちの1人っ子て時点で


21:名も無き被検体774号+:2013/11/12(火) 01:04:30.36 ID:8imnJXoiP
>>19
金持ちの一人っ子がどうなっていくのか、ぜひご覧ください





20:名も無き被検体774号+:2013/11/12(火) 01:03:40.92 ID:8imnJXoiP
小学生に上がった頃には、すでに家族は「恐怖」と化していました
厳しい母、いつも怒っている父
長く伸ばした綺麗な髪は父からざんばらと切り落とされ、
母は私を叱るとき「家を出て行く」というので、
恐怖で泣きわめき、必死で止めていたことを思いだします

棄てられるのが、こわかったんですね


22:名も無き被検体774号+:2013/11/12(火) 01:10:03.22 ID:8imnJXoiP
はっきりと覚えているラインでは、小学生くらいから今で言うところのDVが始まりました

父からです

毎週ボコボコにされ、ちゃぶ台ではないのですが洋風の重いテーブルをそのまま自分のほうへ
ひっくり返されたり、お味噌汁を頭からかぶせられることや
3日食事抜きは当たり前でした

マウントポジションによるグー拳、罵倒し、
参考書などは力技で破り捨てて3階の窓からすべて投げ捨てる
(取りに行くと自宅へ入れてもらえなくなるので近所の方が拾って届けてくださいました)
大切な本もたくさん破かれました


23:名も無き被検体774号+:2013/11/12(火) 01:13:12.82 ID:79TDAYeg0
泣いた


25:名も無き被検体774号+:2013/11/12(火) 01:14:30.06 ID:lc8Incl50
大変だったな。
とりあえずうp


26:名も無き被検体774号+:2013/11/12(火) 01:16:05.87 ID:8imnJXoiP
母も暴力的でした
躾の範囲ではありましたが、母と喧嘩になると私は傷だらけになりました
ちなみに父に暴力をふるわれるときは、髪の毛を掴んで空中でぶんぶんふるわれることも多く
土日を挟んだ月曜日はほぼむち打ち状態で小学校へ通っていました


24:名も無き被検体774号+:2013/11/12(火) 01:13:40.83 ID:+UwmtlAD0
毒親に虐待されてメンヘラ化してAC化かな?
虐待は書きたくなるよね~
レ○プもあればウハウハなんだが


27:名も無き被検体774号+:2013/11/12(火) 01:18:18.70 ID:8imnJXoiP
>>24
ACの気はなくはないですが、
特に現状それで困っていることはないです
あと、レ○プはないです
ウハウハできなくてごめんね

今でも大きな声や机をどん!と叩かれること、
どすどす歩く音などは恐怖です


28:名も無き被検体774号+:2013/11/12(火) 01:19:33.23 ID:8imnJXoiP
ちなみに、私が暴力をふるわれているとき、
母はテレビなどを観ながら、こちらに関心をむけることはありませんでした


30:名も無き被検体774号+:2013/11/12(火) 01:21:28.51 ID:8imnJXoiP
不思議なもので、普段父は母には一切の暴力をふるわないのです
一度だけ喧嘩をしているのを見て110番しかけましたが、恐怖すぎて110が押せず、
祖母を呼んでと叫ぶ母に応えることができなかったのは
後悔しています


31:名も無き被検体774号+:2013/11/12(火) 01:24:16.23 ID:8imnJXoiP
両親の夫婦喧嘩は私が知る限りその一度だけでしたが、
小競り合いはいつも「私がいること」による喧嘩でした
私は、「私がいること」が両親の喧嘩につながることで
寂しい気持ちになりました

「おまえは橋の下から拾ってきた子どもなんだ」
そんな言葉を投げかけられ、なんど父と母の子どもでないことを
申し訳なく思っていたのを思い出します


51:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/13(水) 02:40:52.83 ID:oPCYfTzGP
帰って来られました。少し書き込みますね
1つ補足ですが、
>>31で「申し訳なく思っていた」のは実の子として産まれて来たことを
申し訳なく思っていましたね

さて、少し進んで
小学5年生の頃だったと思います
その日も父の洗濯物と自分のお気に入りのデニムを一緒に洗わなかったことに
ぶちきれた父に、びしょびしょの洗濯物ごと投げつけられました
この日、母はいませんでした

罵詈雑言を浴びせながら近づいてくる父に向かって、
包丁を差し向けました
刃を、自分のほうへ向けて
「これで殺してください!」
そう叫びました

6年生の頃には、逆に、父を殺害するための完全計画を練っていました
誰もいない居間のソファに眠っている父に飛び込んで刃物を指す
(子どもの力でやったと思われないため)
そして私は帰ってきたら父を発見したと110番するのです
これらの妄想は、本当に楽しかった


52:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/13(水) 02:46:59.29 ID:oPCYfTzGP
そんな毎日でも、私は父を愛さなければならないのだと
強迫観念めいたことを考えていました

しかしこのころ父は愛人の元に走り、幾日も帰ってこなかったので
ほっとしていました

この辺りで、大きな音、声などが完全に恐怖となり
トラウマを実感し始めていました

男性が怖かったこと、両親共に中高一貫私立卒でしたので、
私もそのように進むのがベストと考え、中学受験をしましたが
父は「お前のような頭の悪いやつは中学など行かずに働け」が口癖だったので
反対されていたのですが・・・愛人に走る父はもはや振り返ることもなかったのでしょう

私は無事、女子校の中高一貫私立へ進みました


54:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/13(水) 02:51:58.53 ID:oPCYfTzGP
それで終わりではもちろんありません

父はまず、「学費を払う気はない」と
学費の振り込み用紙を毎回びりびりに破り捨てました
そう、当時時点で1500万円近く稼いでいたそのお金が
住宅ローン以外で家族に還元されることはなかったのです

中学3年のとき、決定的な出来事が起こります

いつもは私の自室でマウントポジションでぼこぼこにしたり、
和室の木の角に私の頭を打ち付けたりしていた父が、
たまたまリビングで私の首を締め上げたのです

初めて母が父にタックルをかましました
「殺す気か!」と


56:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/13(水) 02:57:55.35 ID:oPCYfTzGP
結局、それがきっかけですぐ出て行くことにしました
父の出勤を見届けて、荷造りして帰ってくるころにはもぬけの空
母のピアノはこっそり前日に運びだし、その部屋に近づかせませんでした
父は普段通りのつもりで帰ったら全ての荷物が運び出されていて
少しは驚いてくれたでしょうか

決行日、母から父宛の手紙を盗み見てしまいました
当時愛人が何人いたかわかりませんが、母も女性として父の不貞は
哀しかったのでしょうね


57:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/13(水) 02:59:12.72 ID:oPCYfTzGP
といいつつ、今度はこの母の恋人との半同棲生活が始まるのです

続きは、また明日


66:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/13(水) 23:03:11.42 ID:oPCYfTzGP
ちなみに朝から晩まで仕事してるので、ここに来られるのは夜となります
ご了承くださいませ

さて、続き

母の恋人が突然出て来た経緯なのですが、
母の最初の彼氏だった方のようです
「君はずっと幸せに生きてきているのだと思っていた
そうでないのなら僕が君を支える」
と言われたのだと、別居直前に知らされました


67:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/13(水) 23:08:10.08 ID:oPCYfTzGP
そこから彼の援助もあって借家を借り、
彼はたまに、またはほぼ毎日尋ねてくるようになりました
父の元で抑圧された母が喜ぶのなら、と
当初は私も大喜びだったのですが・・・

そのころ私は父になんとか大学の費用を捻出させられないかと
考えていました。母彼は父よりも稼ぐ指揮者だったのですが、
母は彼に私の学費を払わせることに抵抗があったのです

でも、勉強は嫌い
中高一貫校へ入学したものの、遊びに夢中になり、
父からの暴力が怖く家にも帰りたくない日々が続いていたため、
成績は常に学年最下位でした


68:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/13(水) 23:09:37.86 ID:oPCYfTzGP
父は東大にあらずんば人にあらず、
早慶上智でぎりぎり人だ、という考え方の持ち主だったので
日大さえも微妙な私には選択肢はありませんでした

美術大学受験に切り替えたのです


69:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/13(水) 23:12:49.00 ID:oPCYfTzGP
母彼なる人は、高校生の私に彼を父と呼んで慕ってほしいと願っていたようですが
思春期かつ受験を控えた私にそのような余裕はありませんでした

せめて試験前だけは外でデートをして欲しいと頼みましたが、
母はそんなことは自分で言って、と嫌がりました

予備校から帰ってくると、釣りが趣味の母彼が大きな真鯛を釣ってきていて、
さばいてすべて食べ終わっていたことも多かったです
「私のごはんは?」
「そこらへんにカップラーメンあるよ」以上


70:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/13(水) 23:15:57.32 ID:oPCYfTzGP
「あなたを孕まなければ私はウィーンに留学する予定だったの」
「あなたがいなければ」
そんな言葉が増えて来た矢先

母と喧嘩をしました
【あんたは嫌なお父さんそっくりね やっぱり親子なのね】
吐き捨てるように言われた言葉は今も忘れません

頭の中は真っ白になり、気づけば母に掴み掛かって
殴りつけていました


71:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/13(水) 23:21:52.57 ID:oPCYfTzGP
母の華奢なネックレスを勢いでちぎってしまいました
さすがに申し訳なく、涙をこぼす母を見て心が痛み、謝りに言ったところ、
「母彼さんからのプレゼントだったのに・・・直るかな・・・修理できるかな・・・」と涙をぽろぽろしながら目の前のネックレスだけをみつめていました



( ゚Д゚)オカアサン アナタニハワタシガイナカッタホウガヨカッタデスカ


72:名も無き被検体774号+:2013/11/13(水) 23:26:29.97 ID:j0Qx0Z6Y0
おもしろい
仕事大変だね…


73:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/13(水) 23:53:22.61 ID:oPCYfTzGP
みなさん、しえんいつもありがとうございます
堕スレだというのに
でも私の人生を読んでくださる方がいるのは嬉しいような恥ずかしいような

本日は睡眠薬でふらふらしておりますので、
ここまでとさせていただきます
明日も仕事です

おやすみなさい


74:名も無き被検体774号+:2013/11/14(木) 00:08:00.63 ID:dFMGrT9r0
頑張ってるね
ゆっくりおやすみ


83:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/15(金) 01:30:31.89 ID:BcL7UFVcP
でもちょっとだけ進めます
せっかくの保守、嬉しいです

ネックレスの件以来、母と私の間には溝ができました
1ヶ月は口を効かなかったかな
試験前に彼が来るのは本当に落ち着かなくて、
一度ちょっと喧嘩しました(彼と)
そこで、彼の野望は崩れ、結局彼と和解したのは5、6年後

既に彼は他で子どもを作っていました
「俺のほうが当時の私よりも子どもだったんだな」
それが最期に聞いた言葉でした
つい先日、死ぬ間際までタクトを降り続け、そのまま永眠。60歳の若さでした。

彼にいただいたマフラーは、喪に服す意味もこめて
しばらく付けてましたね
もっと学びたいことはあったように思います


84:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/15(金) 01:35:13.64 ID:BcL7UFVcP
時間軸を戻して・・・

結局美術大学はストレートで合格できまして、
学歴至上主義の父も芸術系でトップ校に入学できたので
こんどは反対もせず学費は出してもらえました

中学高校の学費は、母が消費者金融で払っていたようです
家を出るか迷う私に、
「もうあなたとは一緒に暮らしたくない」と言われ
追い出されました
その頃、母にはもうひとり彼氏ができていたみたいです
パパが増える、増える

しかしながらママも、増殖していたものと思いますが


85:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/15(金) 01:37:49.55 ID:BcL7UFVcP
少し話は飛びますが、19歳のころ、2年程片思いしていた方が他界しました
交通事故でした

一瞬なんですよね、生と死の境って・・・

こちらも6年ほど引きずりましたが、このころ、
「親への遺恨は20代で消滅さえる」という目標を立て、動き出しました


86:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/15(金) 01:39:02.82 ID:BcL7UFVcP
さて、本日はこちらまで
眠剤入ってると文章のまとまりが悪くなってしまっているので、
ここまでの話でご質問などあればぜひ受け付けたいと思います

それでは、おやすみなさい


105:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 21:18:06.58 ID:4FzhBSh1P
創作じゃないけどこの話オチがない・・・
意地ほしゅにお応えしてだらだら続けますね

--
大学は下宿して実家へはお正月に顔を見せるだけになりました
この頃の私は、実家から解放された反動もあってか
親に対する憎しみがとても強かったように思います
人間関係がうまく行かないのは親のせいだと考えたり、
そもそも男性恐怖に陥っていたり

ともあれがきんちょだった私は深夜ワンボックスに拉致られかけたり
(当時その地域ではワンボックスで拉致→まわした後山中に捨てる事件が多発してました
たまたま後ろに人が通りがかって難を逃れました)
本物やくざさんに絡まれたり、大学の薬中講師に薬やらされたり
今思い返すとガクブルものの学生生活を過ごしつつ
出席日数100日で無事卒業しました


106:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 21:31:04.67 ID:4FzhBSh1P
就職は氷河期だったので適当に決めて
下宿先エリアの治安がさらに悪化していたので
地元に戻りました
そのころ両親がまた同居し始めたので
実家には戻らず母親の職場兼私の自宅を折半で借りてました
職場は超絶ブラックだったけど楽しかった

6年目にえらい騒ぎを起こしてつぶれましたが


107:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 21:39:25.56 ID:4FzhBSh1P
この間母方の祖父母が相次いで他界、
葬式の時15年ぶりくらいに父とふたりで話をしました
とーちゃん自分の仕事の話しかしねえ('A`)
もっとあんだろひとり娘なんだし

とはいえ父は中学高校の学費を払ってないことも
私にさんざん暴力をふるっていたことも
綺麗さっぱり忘れていたらしく、
私も忘れることにしてまあ父親とはこれで和解ってことに

ちなみに父親は私と母が実家などで話していると
「さっさと出て行け。じゃま」と言って私を追い出すので、
ふと「もしやヤキモチ?」と突っ込むとこれが図星でした

とーちゃんかーちゃんのことめっさ好きやって
娘と母が話してるとすげーヤキモチ妬いてたらしい('A`)
とーちゃん・・・カワユス
でもヤキモチで娘の首を絞めるのは止めてほしかった
だいぶトラウマでしたよ、と


109:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 21:48:36.23 ID:4FzhBSh1P
その数年後母に癌が発覚しました
気は強いと思っていた母が抑うつになって
毎日しょんぼり(´・ω・`)していたので
それなりに支えていたのですが・・・

実は母27歳で癌発症してて
父32歳で子ども(私)1歳半の時、嫁(母)余命長くて5年宣告受けていたらしいです
当時インフォームドコンセントがなく、父と他界した祖父母は
母には伝えないことにして祖父母はそのまま他界

父も何も言わなかったので母本人は癌発覚(正確には再発)まで知らず、
結局30年近くぴんぴんしてた母
父曰く「おまえ40までには確実に死ぬって言われてたから離婚せずにいたのに
ぴんしゃんしやがって」
って、とーちゃん、憎まれ口カワユス('A`)


108:名も無き被検体774号+:2013/11/17(日) 21:42:46.17 ID:knw99Mgq0
怖かった父親と和解できたんだ。
よかったね。
時間が解決してくれたのかな?


110:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 21:58:24.76 ID:4FzhBSh1P
>>108
父とは今も話すことはないのですが

>>109を知ってちょっと見直したっていうか
だったら愛人作りまくるなとは思うんですけどね・・・

母の最初の癌発症時に母体の命に関わるから子づくりするなって
医者に言われてたらしく、私が1歳半のころから夫婦生活はなかったみたいです

とはいえ今でも大きな声を出す男性が怖かったり
物音に恐怖を覚えたりで、父との仲はともかくしっかりトラウマですorz



111:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 22:06:50.59 ID:4FzhBSh1P
そのあとしばらく平穏だったのですが
今の職場の上司にだいぶサディスティックに詰められて
トラウマもあいまってメンタルもってかれました
詰められた当日PMSの不眠時用にもらってた薬(あまり飲んでいなかったので溜まってた)
を飲み干して搬送、その後も勢いで首を吊ったり
薬の副作用で発症後1週間で死ぬっていうスティーブンズ・ジョンソンズ症候群になって物理的に死にかけたりしつつ、
なんとか持ち直しました

その矢先のことでした


112:名も無き被検体774号+:2013/11/17(日) 22:15:00.08 ID:AOEIvUt60
芸術系トップって東京芸大ってこと?
現役で入れたならすごくね?


113:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 22:22:04.65 ID:4FzhBSh1P
>>112
ごめんなさい
あの当時は芸大は絵画系でデザイン弱いって言われてたので受験せず
(予備校も芸大コースとってなかったし)
当時平面デザイン系ではトップと言われてた私大のほうです

結局受験で燃え尽きてそっちの仕事に就かなかったけれど


115:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 22:33:20.18 ID:4FzhBSh1P
土日、ベッドから起き上がれないことが続きました
なんだかまっすぐ歩けないし
風邪でもないし
仕事は気合いで行っていたけど、
よく見ると手が震えているんです

メンタル発症時もそういうことはあったし、
メンタル発症前も100時間勤務が続いていたころは
まっすぐ歩けないこともあったので
体調は悪いけど、ただの甘えだと思っていました
またメンタルの調子が悪いかな、希死念慮はないけど気をつけなくちゃな、
くらいで


119:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 22:41:26.88 ID:4FzhBSh1P
100時間、は残業時間です わかると思うけど念のため

そのころはメンタル自体はだいぶ落ち着いてきていて、
たまに先生のところに顔を見せて、抗うつ剤を減薬したりしていました
(サディスティックに詰められた直後の問診結果が「即休職しろ、ていうか仕事辞めろ」と
医者に言われたくらい酷い結果だったそうで、即抗鬱剤MAX処方されたので、
減薬は1年くらいかけてゆっくりやってました)

メンタルの先生は「もう一度強めの薬出してみようか?」と相談に乗ってくださっていたのですが、
強めの薬だと仕事にならなくなるので、断ったりしてました

あるときふと思いついて、採血が気軽にできるメンタルクリニックで
採血してもらったんです


123:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 22:48:35.21 ID:4FzhBSh1P
採血のときは主治医の先生ではなかったので
「やりたいんならいいよ」とのことで採血
1週間後に結果が出て、主治医の先生に見てもらいました

「うんうん、まったくの健康体だね(´ω`)」
と採血結果を見ながらほくほくの先生
最終ページ(私が特別採血をお願いしてた部分)を見て顔色が変わりました

「1さん・・・○○病って、知ってる?(蒼白)」
「知ってますよ ○○病か△△病を疑って採血してもらいましたし・・・」
「ここで薬を出すこともできるんだけど・・・いや、やっぱり専門病院行ってきて」
「はーい」


125:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 22:51:53.92 ID:4FzhBSh1P
こっから長かった
メンタルクリニックによる採血とはいえ、
結果が既に出ているのに、専門病院へ行って精密な採血して、
エコーも取られて結果が出るまで1週間

この間の1週間でかなり激しい労働状況だったので
手の震えはMAX、立っていることもできず
歩くこともままならないのでタクシー通勤

1週間後にようやく結果がでました


126:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 22:58:16.90 ID:4FzhBSh1P
>>125
結果は○○病のほうでした

健康診断の数値は完璧にトリプルAだったので、まさか・・・と思いましたが
血液検査の結果、疑いでもなんでもなく、○○病発症してますね
すぐ治療を始めましょう、とのことでした

ネットなどで病状を調べてみたところ、常人の5倍疲労する病気でした
単純に、100時間残業したら500時間残業しているのと同じくらいの疲労、
ベッドで寝転がっているだけでも100m走を全力疾走しているくらいの疲労、
もちろん眠れないし、寝ていても辛い
当時、歩くときにも手すりがないと歩けなかったのだけど
一度メンタル発症しているので「当時より酷くなることなんてなかろ」と
思っていたのが間違いでした

そして、この病気とは一生お付き合いすることが決まったのです


128:名も無き被検体774号+:2013/11/17(日) 23:00:30.27 ID:uioJhVnY0
>>126
田中角栄病?


129:名も無き被検体774号+:2013/11/17(日) 23:02:49.23 ID:Pkv04xv4P
>>128
なんだよそれwww


132:名も無き被検体774号+:2013/11/17(日) 23:17:46.11 ID:4H98XSyX0
>>129
田中角栄がかかってた病気がバセドウ病


135:名も無き被検体774号+:2013/11/17(日) 23:20:48.77 ID:Pkv04xv4P
>>132
そゆいみか


131:名も無き被検体774号+:2013/11/17(日) 23:16:07.32 ID:4H98XSyX0
甲状腺機能亢進症?


134:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 23:20:13.50 ID:4FzhBSh1P
>>131
正解

発症当時のデータを探していました
FT12.9
FT4.42
TSHは測定不能
頻脈
でした

数値の酷さってのはよくわからないのですが(個人差もあるし)、
これで月平均60~80時間残業を労作ありでしていたので
結構しんどかった様子
というか過労死も視野に入る範囲


137:名も無き被検体774号+:2013/11/17(日) 23:25:11.53 ID:4H98XSyX0
>>134
ドンピシャか
俺の親戚も同じ病気にかかって手術して今も投薬治療続けてるんだ。
力仕事はまじで駄目だし、ちょっと動いただけで滝のような汗を出す。
冗談抜きで過労死もありうるからちゃんと病院で相談して治療方針決めろよ?


141:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 23:29:34.13 ID:4FzhBSh1P
>>137
初期のあの数値で結構な力仕事してたんですよね・・・
まじで過労死レベルだったと思います
メンタルとか、どこかへすっとんでいきましたわ


144:名も無き被検体774号+:2013/11/17(日) 23:35:13.42 ID:4H98XSyX0
>>141
両方とも基準値の4倍超じゃねぇか

癌もか、まじかよ…

まさしく俺の親戚と同じ境遇じゃないか


139:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 23:26:25.30 ID:4FzhBSh1P
>>134
きゃー
FT3:12.9
FT4:4.42の誤り

専門医はなにも言いませんでしたが、
眼科の新しく当たった先生には「とても酷い数値ですよこれ」と言われました
最近。(遅いよう)

眼は、実はパソコンなどの光っている文字は見えるのですが、
明るいところではアナログな文字がぼやぼやで見えません


133:名も無き被検体774号+:2013/11/17(日) 23:17:47.42 ID:eTg1EKPw0
綾香と同じ病気?


136:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 23:22:50.94 ID:4FzhBSh1P
第一選択薬のメルカゾールで肝機能障害を起こしたので
治療が選択できず、アイソトープしますかねとこちらから進言したところ
まず専門眼科へ行ってくれとのことでした

結果眼症も発生済みでした
こっちも酷くなると失明するらしいです


138:名も無き被検体774号+:2013/11/17(日) 23:25:54.63 ID:4H98XSyX0
>>136
眼球が飛び出たみたいになるんだよな…


141:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 23:29:34.13 ID:4FzhBSh1P
>>138
出てますね 元々眼が大きいのであまり気づかれなかったみたいです
斜視や複視は今のところ大丈夫です
光の調節がうまくいかないので、視界がかなりぼんやりします


140:名も無き被検体774号+:2013/11/17(日) 23:28:56.56 ID:CMTN6FU50
それで?


142:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 23:31:12.59 ID:4FzhBSh1P
>>140
うん、それでですね
ついでに癌が発覚しました
しかも、先生ったらうっかり告知('A`)


145:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 23:41:10.68 ID:4FzhBSh1P
ですね。いきなり急展開続きました

体調悪い
↓どうせメンタルか仮病
さらに悪い
↓まあ仕事できてるし
手が震えて文字書けない
↓ちょっくら検査すっか
バセドウ発覚
↓とりあえず仕事しつつへろへろ
バセドウの治療で肝機能障害で治療中止

突然癌宣告(うっかり)
↓メンクリの先生からは即1ヶ月休職診断書出る
メンクリ診断書はとりあえず復職が難しいのでバセドウで2週間くらい休む

人生オワタ\(^o^)/


146:名も無き被検体774号+:2013/11/17(日) 23:42:01.70 ID:CMTN6FU50
俺もバセだよ(^^)/ 発覚してから9年目


147:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 23:45:39.83 ID:4FzhBSh1P
>>146
(=´∀`)人(´∀`=)ナカーマ

バセは治療方法はいくつか確率してるけど、
気づけないときは最悪ですよね(´・ω・`)
メンクリの先生には「気づけなくて本当に申し訳なかった」と謝られました


148:名も無き被検体774号+:2013/11/17(日) 23:47:56.72 ID:Wsb7KK870
恋愛話が全然ないけど>>1は処女?


149:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 23:51:05.41 ID:4FzhBSh1P
>>148
ちがいますよー
本当は恋愛話も盛り込もうと思ってたんですけど
なんかすっとばしてました

アメリカ人と付き合った話でもしましょうか
おもしろかったですよ


150:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/17(日) 23:56:40.25 ID:4FzhBSh1P
バセドウ(内科)は遺伝じゃないのですが、
癌(外科)は遺伝なので、もっと早くからあったかもしれません
母が27歳で発症してたやつです
だから30年後もぴんぴんしてることを願ってます

癌は悪性所見だけで、細胞検査がうまくいかなかったので
母の発症していた濾胞癌の可能性が高いです

メンタル時代からこっち、都合4回ほど死にかけて、
人生観が変わりました

いつ死ぬか、わからないので、今は大学院を目指してます


151:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/18(月) 00:09:42.29 ID:BXCmx5EjP
今は失声症があるのと、片頭痛がはんばない感じになってきているので
いろいろ薬飲みながら仕事してます
1錠1000円の薬は懐に痛い(_ _。)

ということで、33歳もあと少しで終わるので、
人生振り返ってみました

途中はしょってしまったので、気になる点についてはお答えします。
明日からまたお仕事忙しいので、とりあえず、オチなしですみませんが
一旦締めます(・∀・)

駄文におつきあいいただきましてありがとうございました

みんなも体調悪いなあと思ったら、信頼できるお医者さまにかかってくださいね

前述のスティーブンズジョンソンズ症候群の時は
緊急外来も含めて8カ所受診拒否されましたし


152:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/18(月) 00:16:15.45 ID:BXCmx5EjP
みんな

がんばりすぎないでね

ある日ぽっくりは、本当に切ないからね

ここまでほしゅしてくださった皆様に、ぜひ多幸あらんことを

**

あと、もし親御さんとの仲がうまくいかなくて悩んでいる方

毒親はたくさんいるけど、19歳で好きな人を亡くしてみんなで泣いていたときに
通りすがりの酔っぱらったぐだぐだの格好をしたおっさんにかけられた一言を送って締めます

おっさんの言葉で、年配の方はそれなりの人生を乗り越えられてきた、
含蓄ある方なのだと悟りました

**

『いい若いもんがめそめそしてんな
おまえらの未来はもっと先にあるんだ
空をみろ』


158:名も無き被検体774号+:2013/11/18(月) 00:49:56.27 ID:xqZVrF/x0
おお、おわってた…
でも意地で保守したかいがあったな。すげーいろいろあんじゃん。もっと詳しく聞きたかったわ。
ワンボックス拉致られ事件と外人彼氏とか癌告知されたときの心境とか

今はどんな心境なんよ?俺も同年代なのに健康その物。なのに毎日なにもなく過ごしてるから、人生無駄にしてる気がしてさ


159:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/18(月) 00:59:35.27 ID:BXCmx5EjP
>>158
ワンボックス拉致られ事件:
バイト帰り深夜後ろから近づいてきたワンボックス(5人くらい)に
歩いてる私に幅寄せとおせんぼされて、中の人に
「まわされちゃう?まわされちゃうよね?」って
そのまま連れ込まれそうになったとき、後ろに人が通りがかって
ワンボックスが逃げていきました
怖かったー((( ;゜Д゜)))

がん告知は本当に先生がうっかり告知だったので「へ?癌だったの私?」って感じ(^^;
母のことがあったから癌はあんまりショックでなかったな
バセドウが酷くて、「明日朝死んでるかも」みたいな状況だったし

外人彼氏の話は長いのでそのうちここに書きます
一言で言うと、「文化っちゅーのはカルチャーショックを超える」


160:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/18(月) 01:04:56.07 ID:BXCmx5EjP
>>158
バセドウ発症前は、風邪ひとつひかない、健康診断もトリプルAの健康優良児だったのよ
ストレス耐性が強い!ということで今の会社に抜かれたんだけど、結局場所変わればストレスの掛かり方も違うのね
でも健康第一!xqZVrF/x0さんがずっと健康でいられますように

**

ほしゅしえんしてくださった方、
ありがとうございました
本当はもっともっと叩かれると思ってたの
(仕事忙しくて定期的に来られなかったし)

あと、途中で文体を合わせられなくなってきて
ちとわかりづらい文章になってしまったことをお詫びします


161:名も無き被検体774号+:2013/11/18(月) 01:17:20.20 ID:kO067iuM0
なんか、こんな質問しちゃ失礼かもしれないんですが。
22の女です。最近、ある事で挫折して、人生に目的を見出せなくて、毎日抜け殻のように過ごしてます。本当に、健康だけが私にあるものです。そんな人たちに対して、これだけは元気なうちにしておけってことはありますか。


163:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/18(月) 01:41:28.46 ID:BXCmx5EjP
>>161
人生の目的なんて、33歳のBBAでも見つけられないもんですよ
独身だしねw

元気なうちにしておくことは、仕事をちゃんとがんばること
正社員でも派遣社員でもアルバイトでも学業でも、それが不本意だとしても
健康ならとりあえず一生懸命やってみる
主婦なら主婦業をがんばってみる

→身体が動かなくなるまえに自分に自信(がんばったじゃん!)をつけるってことだよ
それが一生付いてくる
メンタル発症した私が言うのもなんだけれど、何かに努力した、っていう証は
あなたのこれからの人生に大きな意義と勇気を与えてくれると思う

状況がわからないけれど、元気なうちは自分のプライドは忘れて、目の前にあることを
全力疾走するのが良いと思います
kO067iuM0さんに幸あらんことを

あ、私が22歳の頃は、職場のトイレ掃除とか超がんばったよ(`・ω・´)


165:名も無き被検体774号+:2013/11/18(月) 01:49:41.08 ID:nU62pnLP0
>>163
ありがとうございます!
自分に自信をつけることってすごく大事なんですね。今まで考えてもみませんでした…、、怠惰に生きていたら、結局、後悔するのは自分なんですよね。

明日からまた一日一日頑張ろうと思います。
主さんの身体が少しでもはやく、良くなることを願ってます。


166:1 ◆2568ErpOtI :2013/11/18(月) 01:55:55.18 ID:BXCmx5EjP
>>165
自己肯定感はとっても大事ですよ
もちろん、怠惰に生きるタームがあっても良いとは思う
でも一生懸命やるって、ほんと、自分のためになることだから
追い込むんじゃなくて、自分のできることを一生懸命やってみてね
nU62pnLP0さんのようなお若い方が、これからのみんなが幸せな未来を創っていくんだからね
陰ながら応援しています

あ、身体の心配してくれてありがと(´ω`)元気出た!


元スレ:33年の人生を振り返りたい
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1384184450/